遠くの山に沈もうとしている夕日が雲に映し出すサーモン色の夕焼けの色が印象的な画像

大変美しい夕空の画像を発見しました。
そういえば、私はいつも昼間に撮影された画像ばかりを見ていましたね。夕空の画像というのは、私にとっては割と貴重なものの一つです。
その画像が撮影されたのは、どこかの都市の見晴らしの良い場所からのようです。空に映っている空の色は、まるで着物のように美しく映えています。
雲が一面にあるのですが、その雲に太陽の光が反射しているのです。それも上から太陽光を反射しているのではなく、雲の下から夕日の光を反射しているのです。その様子がとても神秘的で美しいですね。
ちなみに、夕日が見られる位の時間ですから、付近は間もなく暗闇に包まようとしている時間帯です。その街で見かける建物の夜景も、どことなく幻想的な雰囲気を演出しています。
ですが、私はやはりこの風景で最も印象的なのは空に見られる夕焼けの色だと思います。ある意味、焼けた鮭のような色にも見えますね。サーモン色の夕焼け色というところでしょうか。
その夕日は、遠くに見える山に沈もうとしているようです。本当に幻想的な風景です。
まあ、そういう風景を見ていると、私は時間が経つのも忘れてしまうだろうと思います。世界の風景というのも、実に多彩なものです。