右に地平線まで続く平原があり、左には灰色の箇所も見られるハワイ州らしい一風景

ある意味とてもハワイらしい風景の画像を見つけました。
その画像はハワイ州のある道路にて撮影をされています。そして、道路の左側には海が見えます。
まず、道路のすぐ横にはちょっとした平原が広がっています。その平原の広さが、約200メートルぐらいです。200メートル位先に進むと、海が見えるという風景です。
そして、この風景において最も特徴的なのは植物の一部に灰色のものが見られる点です。私は、恐らくそれは火山灰の影響かと思われます。
ハワイというのは、火山で有名な場所です。以前も、ハワイの一箇所で溶岩でできている地面が近くにある海岸線の場所が有りました。恐らく、灰色のものの幾つかには火山灰がかぶさったものと察します。
そういう点が、「ハワイらしい」という訳です。
一方、道路の右側にも平原が広がっています。こちらは、かなり広大な平原です。
地平線まで続いていますので相当広大な平原という事になります。ハワイの中にも、こういう地平線のような場所が有るものなのですね。
そういえば、ハワイというのはアメリカ合衆国です。アメリカの一部ということは、地平線が有っても不思議はないかなと思います。アメリカ本土には、そういう場所も多いからです。