右も左も北海道の田んぼ地帯でビニールハウスも見える風景画像

道路の右も左もひたすら田んぼが広がるという、北海道地域で撮影された画像を見つけました。
北海道地域で田んぼが広がっている画像とは、個人的にはかなり意外ですね。大抵は雪が積もっているとイメージを、私は勝手に持っております。
まず、道路の右側に広がっているのは田んぼです。もう、日本で典型的に見かけるタイプの田んぼです。ただ、稲を植えてからまだそれほど時間が経っていない段階のようです。
その田んぼがおよそ400メートルぐらいは広がっており、その奥には農家のような建物が見えます。どうやらビニールハウスを用いて何かを栽培しているようですね。
その奥には、小高い丘があるのが分かります。
そして道路の左側にも田んぼが広がっています。こちらも稲を植えてから間もない時期のようです。
ただ、割と広大に広がっています。1キロメートル位は田んぼが広がっており、遠くには林地帯と思しき光景となっております。
さらに遠くも小高い丘となっていて、その丘に送電線が横に伸びているのも分かります。
こちらも、田園の右側の方にはビニールハウスで何かを栽培している農家があります。
ある意味、日本では典型的な農村地域とも言える場所かと思います。北海道で撮影されたそういう画像を見かけたのは、ちょっと意外でしたね。

人気で楽しいサイト特集