飲食店で気になったインターナショナルな会話のやり取り

昨日、ちょっと興味深い光景を目撃しました。ある飲食店で、外国人と日本人が話していたのです。
私はその時ノートパソコンで作業をしていましたが、その外国人と日本人の会話が気になって集中できないというほど興味深かったですね。
どうも、その外国人はアメリカ人のようです。恐らく日本に来て間もない段階のようです。
では、何故その日本人と話しているのでしょうか。謎です。というのも、私はその外国人と日本人とは完全に初対面だからです。
ステイか何かなのかなと、勝手に想像はします。ですが、あくまでもそれは私の勝手な想像なので合っているか否かはもちろん不明という事になります。
それはともかく、話している話題は多岐に渡っていました。そもそもその場所が飲食店なので、食べている物を評価などしていました。かなり特徴のある食べ物だったので、なかなか物珍しかったようです。
そうかと思うと、色々な日本語講座のような話題にも広がっていました。すなわち、多様な話をしていたという訳です。
そういうやり取りを見ていると、何となく楽しそうだなと思いますね。外国人と接点を持つことは、価値を多様化させるのにも役に立つものです。そのため、できる事ならば多くの外国人と仲良くなる機会を持つのがベターだと個人的には思います。
何はともあれ、ちょっとインターナショナルな雰囲気を感じ取ったのでした。