衣服の検索サイトでは同じお店から出品が目立つケースが多い

最近色々な洋服を検索サイトで調べてみたら、気がついた事があります。洋服のジャンルによっては、一部のお店が大部分を占めている点です。
例えば、ドレスというカテゴリーで洋服を調べてみます。すると、新着のドレスの一覧が表示されます。
その時1ページ目に表示されているドレスの出店を見てみると、全て同じ法人が出品をしているのです。今日は1ページ目どころか、3ページ目まで同じお店が出品をしています。
では3ページ目以降はどうなのでしょうか。今度は違うお店からの出品が続出します。
まず、3ページ目の一番下まではそのお店で占められています。ですが、次の4ページ目の最初の方でそのお店からの商品が全てのようです。つまり、3ページ目の中段辺りから、4ページ目の頭辺りまではこのお店からの商品で占められている事となります。
それ以降は、また別のお店からの商品で占められており、4ページ目の最下段の商品まではその状態となっています。
つまり、1ページ目から4ページ目までは大部分の商品は3種類のお店によって出品されているという状況なのです。
まあ、各ジャンルによって得意なお店が有るという事ですね。それぞれのお店の強みを発揮しているとも言えるかと思います。